レイトバス 内装 ベッド編



この時代でも両側のスライドドアが開放できる。自慢か〜

2017091201 (2)

少しずつ、内装にも手をつけて行きたい。
バスで遠征に行くために仮眠が取れるように後部をWOODYに加工していく。

2017091201 (4)

床には防音を兼ねてマットを敷き詰める。2人がゆったりとくつろげるフローリングで台を作成。
なるべく軽い材料で、走りに影響がないように。
しかも、丈夫でなければならない。

2017091201 (1)

フローリングの下は荷物が充分に収納できるように。
さあ、これでベースができたので、カーペットをひいて、おしゃれな空間にしていこう~
[ 2017/09/12 22:58 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)

秋のフライフィッシング

2017091101 (4)

今シーズンは他に集中することがありすぎて、釣りに行くことがないがしろに・・・
そうこうしているうちに禁漁が迫ってきた。

友人の爆釣情報に誘われて、シーズンラストスパートを掛ける。

2017091101 (1)

この日は水温13度とまあまあ。

2017091101 (2)

曇りで釣りやすい状況だったが、魚の活性はナッシング!
フライを見に来るが、途中でやめてしまう。
フッキング至ったイワナは緩い流れで、フライをしっかり見せた時だけ・・・
そんなにうまく流すことはできない。

2017091101 (3)

ようようフッキングさせるが、中学生クラス。

2017091101 (5)

帰りは明るいうちに足湯で反省会。
今シーズはあまり大物に縁がなかったので、来年こそは遠征も含めて体制を整えておきたい。

さあ、9月後半はエギングでも行こうかな~

[ 2017/09/11 21:51 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)

レイトバス ブレーキOH



なんとブレーキが突然きかなくなった。
スコーンと・・・
たぶんペーパーロックでしょう~

少し前のチェックでは問題なしだったのだが・・・・

2017091003 (3)


先日リアをジャッキアップした時に左後ろタイヤの動きが悪かったので、まずはそこから。

2017091003 (2)

若干引きずりがあるようなので、背面のコマを調整しておく。
この調整でサイドブレーキとフットブレーキの利きが悪くない程度に

専用工具がないので、ドラム本体が外せないので、これからの課題。
また、ドラムのホイールシリンダーはASSYで用意してから交換したい。

2017091003 (4)

次はフロントの左右をチェック。
左前が回転させたとたん止まってしまう。
これですな・・・

さっそくキャリパーのOHの準備をしていく。

2017091001.jpg

OHキットはFTE製の54mm。
キャリパーはATE製だが、FTEしか手に入らなかった。
まあ大丈夫でしょう~

2017091003 (5)

2017091003 (6)

ピストンとその相方部分を1000番の耐水ペーパーで磨いていく。
もちろん水ではなくオイルを補充しながら。



最後はエア抜きして完了!

今回は部品を供給してくれるBHさんが早い対応で、緊急手術ができた。
早く復活できたので、良かった。

今後はフロントの右、さらにはリアの両輪も時間があるときにOH作業をしよう~
ブレーキの不具合で事故がなくてよかった。マル

[ 2017/09/10 20:09 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)

SURF ロングの聖地

2017090906 (1)

ホームポイントはクルマが多くて入れなかった。
先日、遅くまでクルマをメンテナンスしていたのがいけなかった。

2017090906 (4)

そこで、うろうろして辿り着いた場所は、上手な人ばかりで敬遠がちだったポイント。

ロングのポイントは人が集中しており、譲っていたらいつまでたっても乗れない。遠慮がちな性格はこんなところで、損をする。
また、南からの風で波質が悪い。

2017090912.jpg

残念だけど早めに上がって、マッタリ時間を楽しむ~

このランクルは見たことのない色合いだった。しかも綺麗なボディ。


2017090910.jpeg


そうそう、寒くなる前にウエットを新調しようと思っている。
ウエットがどんな種類があるか勉強してみようと思う。今度はセミオーダーですなぁ。
[ 2017/09/09 22:58 ] 波乗り | TB(0) | CM(0)

レイトバス プラグ

2017090903 (1)

レイトバスが来てから真っ先に交換を予定していたが、部品を購入して他の作業に追われて放置状態だった。
特にエンジンが調子悪いわけでもないが、まずは点火を正常に保つことが基本でしょう。

「B5HS」と純正と同じ仕様で交換。


2017090903 (2)

外したプラグはいいきつね色している。
特に問題はないが、交換によって高回転までしっかり回ってくれて、燃費が良くなるかもしれない。
マル~
[ 2017/09/09 22:35 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)
プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター