リトルカブ修理 その2



修理が最終段階に。
前後輪ともタイヤ交換。
そして、新しいチェーンを装着。

IMGP3768.jpg

ブレーキ関係もクリーニング。
これで、ほぼ完了。
これで、あと1万キロは軽く行けるでしょう。
ただし、基本的なメンテナンスもエキスパートに任せるのがベターと思う。
復活してよかった!マル

リトルカブ修理 その2



Kさんからのヘルプがかかった。

バイクのステップが曲がっているので、鉄パイプを貸してほしいとのこと。
いつも工具をお借りしているだけに、こんなことで役に立つならお安い御用。

ついでに、作業をお手伝いして、任務完了。

これからハンドル周り、チェーンなどの駆動系、タイヤ交換とフルメンテナンスで仕上げるそうで。
出来れば、自分のバイクもやってほしい~

カブ→カブ エンジン乗せ換え編

2018042904 (4)

S友人の依頼でO友人のバイクを修理。
このエンジンはリトルカブから下したばかりで、すでにご臨終。
エンジンオイルの管理が悪くて、修理不可能と判断。

2018042904 (1)

奥のリトルカブのエンジンの直すために手前のリトルカブをドナーにしてエンジンの移植。

2018042904 (3)

すでにエンジンを外してしまったこの個体はとってもいい程度のバイク。
直すバイクよりこっちの方がいい。

2018042904 (2)

乗せ換えたバイクは、メンテナンスがされていなかったので、あちこちと手を加えなくては・・・
でも、今回の主治医のKさんの手にかかれば、たちまちグットコンディションに。マル

プチツーリング

2018041701 (3)

バイク屋が改装されたので、ちょっくら見学に。

2018041701 (2)

KTMのフェアをやっていたので、現行モデルのチェック。

2018041701 (1)

DUKEは外付けのマフラーになった様子。
フレームの形も全く違う。

2018041701 (4)

自分のバイクのテールランプが切れていたので、修理。
たまにはクルマのメンテだけでなく、バイクもメンテしなくては・・・

プチツーリングだったけど気持ちよかった~マル

KTM DUKE ヘッドライト編

2018041001 (1)

2018041001 (6)


この日は復活した身内のKTMのヘッドライトをチェックした。
実は購入したパワーパーツのヘッドライトが点灯しなかった。
返品を考えたが、所詮社外品で品質が悪そうなので、自前で修理することに。

2018041001 (2)

このバルブの配線に不具合があるようで、苦労させられた。

【備忘録】今回の作業で改めて勉強になったのは、しっかりとアースを確保すること。
適当にアースを接続しても点灯しないからだ。

2018041001 (4)
2018041001 (5)

そこで純正のバルブにゴムシールを巻き、台座を爪をサンダーで削り、ソケットを強引に固定していく。

2018041001 (8)

さすが純正、ちゃんと点灯。
カウリングとステッカーを付けて任務完了。
若干光軸の調整が必要だが、テストドライブしながら修正してほしい。
これで、京都までの往復にガンガン使ってほしい。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示