APE 2号 保険



自賠責保険が切れてから1年が過ぎてしまった。
いかんいかん。

バランス系のスポーツが好きなだけに、日頃のトレーニングが大切。
バイクに乗ることで、すこしでも体幹を鍛えたい。

そんな言い訳はどうでもいいのだが、保険に入っておかねば話にならない。

と、いまは便利になっていて、スマホで必要事項を打ち込んで、30分後にコンビに行く。さらに必要書類を印刷して保険料を支払うだけで交付してくれる。
マジで簡単。

しかも、MAX5年に加入したのだが、なんと16,990円と安い。
年間3,400円ってこと、こんなに安かったけ~

さて、エイプの調子はアクセルレスポンスが悪いようで、アクセルワイヤーの調整が必要のようだ。
まあ、次回のツーリングまでに時間があれば、メンテしますか。
さあ、少しの間APEに遊んでもらおう~

APE2号 復活か



少しの間、眠っていたAPEを再始動させる。

2017101801 (1)

最後に乗った時にフケが悪く、整備する必要があったのに放置していた。
もっとも4輪に夢中でまったく手が出せなかった。

すこし余裕が出てきたので、メンテナンスを。

まずはマフラーの詰まりを確認したい。

2017101801 (2)

やはりカーボンが溜まっているようで・・・
中に詰めたグラスウールを外して、試乗テストしてみよう~

2017101801 (3)

と、燃料、吸気、排気そして点火系を確認していると、プラグコードの端子が外れているじゃないの~
まじか・・・・

2017101801 (4)

そして、ライディングのポジションを変えるため、ステーを噛ませてシートの位置を少しだけ後ろに下げる。

2017101801 (6)

さらに大事なオイル交換を。
補充量は0.76L

さあ、この秋は少しだけプチツーリングに行こうと思う。

KTM DUKU バッテリー上がり対策

2017101503.jpg

2017101504.jpg


1週間程度でバッテリーがあがってしまう。
バッテリーの能力が落ちている可能性があるが、前から常備しておきたかった充電器を用意してみた。
この充電器は、電圧を検知し、状況に応じて充電電圧を自動調整する。

2017101502 (2)

バイク本体に常備させ、シートを外さなくても充電できるように配線が付属してある。

2017101502 (4)

バッテリーのプラスマイナスにそれぞれ接続。

2017101502 (3)

あまり目立たない箇所からジョイントの頭をチョロッと出す。

2017101502 (1)


早速、充電器本体を接続してみる。
赤ランプと黄ランプが点灯。
充電が完了すると緑ランプだ点滅する。
このまま繋ぎっぱなしで、過充電せずにバッテリーは満タン状態となる。
もちろん、快調に始動してくれた。
これで急なバッテリー上がりに慌てることがなくなった~マル

KTM バッテリー

2017100201 (4)

身内からKTMの日常管理を依頼された。
2週間ぶりにエンジンに火を入れようと・・・・セルが回らない!
いきなり、バッテリーあがり~

2017100204.jpeg

充電は4時間ほど。密封式のバッテリーだからこれ以上は危ないかも。
そのバッテリーは3流品で能力が低いかもしれない。
それとも、KTMはバッテリー消耗が早いか。
それとも、レギュレーターが悪いか・・・

2017100201 (2)

そこで、エンジン始動した後に電圧を測定。

2017100201 (3)

約14Vを示している。
確か12V~15Vの間ならOKのはず。

その後、近所をひとっ走り。
最近のバイクは良くできたもので、単気筒でも高回転までびゅんびゅん回ってくれる。
下から上まで気持ちよく使える。
あまりにも優等生過ぎる。もう少しじゃじゃ馬でもいいかも~

APE2号

2017081002 (10)

久々に登場のAPE2号。
Aさんの依頼によりカスタムについて情報提供する。
ついでにエンジンに火を入れて、調子がいいことを確認。

フロント周りは

2017081002 (7)

2017081002 (6)

2017081002 (5)

リア周りは

2017081002 (1)

2017081002 (2)

2017081002 (3)

2017081002 (9)

2017081002 (4)

慌てて夜に撮影したので、見にくいかも。
タイヤは前後輪ともダンロップで、サイズは写真で判断できるか。

さらにリアのスイングアームはXRだがが、どの排気量から移殖したかはわからない。
スイングアームの長さが知りたい場合は連絡を。
(詳しいことは大阪のKさんが・・・・)

フロントのブレンボのディスクブレーキはすばらしい。
また、キャブはレースにも使えるほどレスポンスがいい。
そして、セッティングがシビアなだけに季節によってメインジェットを交換する必要がある。
ただし、カスタムによる車体重量が増えているので、ノーマルに負けるかも・・・
(こちらでノーマルでセッティングしたAPE1号100CCに走りでは負けている)

ぜひ、リアをダブルサスペンションにして、限界までシートを下げても乗り心地のいいカスタムを望みたい。

分かりにくい情報提供ですが、参考になればと。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示