ツチノコ系燃料ホース交換

2017022501 (1)

部品番号 008 997 64 82

2017022501 (2)

さて、このツチノコ系ホースはどうして変な形をしているのか。
まったく知らないのだが、たぶん軽油の流れる量を調整しているのか~

2017022501 (3)

すでにヒビだらけで、交換は必至。
このふくらみが柔らかくて燃料を調整しているのかと思いきや、意外にも硬いってことは断面積を大きくして緩やかに燃料を送り込んでいるってことか~
バキュウーム周りもエアを調整する箇所があるが、古いメルセデスには物理的に調整する機能が多くあるのかもしれない。

2017022501 (4)

燃料系にエアを噛せてしまうとポンプで吸い上げる必要があるが、意外にもホースの中はカラ状態。
作業としては10分ほどで完了。
交換による効果はまったく感じられないが、予防メンテナンスってことで・・・マル
[ 2017/02/25 20:18 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

キャリパーOH→ブレーキホース交換→フルード交換 その6

2017021801 (3)

やっとで長い作業が終わる。
残っているフロント周りを処理するために、前輪もジャッキアップしてウマをかける。
配管内のフルードがずいぶんと抜けてしまったので、ここは4輪を同時に処理することで効果的に作業を進める。

2017021801 (1)

フロント側もブレーキホースを交換予定だったが、よくよく確認すると意外にもホースの状態がいい。
ってことは、交換はまだ必要ないと判断。
そして、4輪分を一気にエア抜きして作業終了。


2017021801 (2)

で、ついでに不具合を発見。
なんと、3年前ぐらいに交換したアッパーアームのジョイント部のゴムに亀裂が・・・
まじか~
車検までもつだろうか。

2017021801 (4)

グリスが飛び出ないように黒のシリコンシラーで養生しておく。
まあ、気休めだが~
[ 2017/02/17 22:57 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

キャリパーOH→ブレーキホース交換 その5

2017021401 (3)

さあ、前回からの滞っている作業を再開。
このブレーキフルード配管を交換することを前提にフレアナットを潰すつもりなら、もう少し作業方法の選択肢が増えるのだが、あくまでもホースのみを交換することで作業を進めてみる。

2017021401 (1)

問題のフレアナットとホースの接続部をこれらのTOOLを使用する。
これまでトーチで炙ってみたり、CRCを何度も使用していたが、もう少しレベルを上げていきたい。
そこで

2017021401 (2)

ワコーズのラスペネを用意する。
浸透性についてはこれが1番ではないだろうか~
さらに、金属を‐42℃まで冷やすラストブリザードで収縮させてみる。

最終手段としてタガネで叩いて、力技で外していく。
なんだかんだと手を尽くして、2週間ぐらいの紆余曲折を経て、ようよう外すことができた。

正直、今回はプロに任せることを考えたが、やればできるじゃん的な結末。
本当に満足~

2017021401 (4)

さっそく、ブレーキホースを交換してキャリパーをセットする。
さあ、これから同じ作業をフロントも進めることになるのだが、まだまだ時間が掛かりそうだ。

とうとう1ヶ月もクルマを動かさないことになるが、愛車に乗れないことでストレスが溜まりそう~
[ 2017/02/14 23:03 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

エアクリーナーBOXの台座

台座のゴムを交換してから1年もしないうちにエアエレメントBOX付近から異音が発生。
通常ならウイークポイントのゴムが裂けてBOXがガタガタと鳴るのだが・・・

2017021301 (1)

原因は過去に溶接している箇所だ。

2017021301 (5)

2017021301 (4)

Hさんのところで溶接が容易にできるだけに今回も依頼することを考えたが、すでに溶接で周辺が金属疲労してると判断し、新しい部品を購入。

2017021301 (2)

台座の脱着には、この小さなラチェットが役に立つ。

2017021301 (3)

また、オイルラインのフランジ部も外しておく。
そして台座を知恵の輪のように外していく。

2017021301 (7)

さて、新しい台座を仮セットするが、なんとボルトの穴が合わない~・
さらに10mmのナット部にねじが切っていないことが発覚!まじか・・
コストを抑えるために社外品を購入すると良くあること。仕方がない

2017021301 (8)

2017021301 (9)

穴はエアコンプレッサー+エアリューターで拡大させるが、ペン先のほうが減るだけで削れない。
残念なことに、丸型のヤスリを手で引いたほうが早くできた。拍子抜け~

2017021301 (10)

また、タップで揉みなおしてネジきりを。

2017021301 (11)

無事にセット完了。
これで、ディーゼルの振動に耐えられるでしょう。マル。

[ 2017/02/13 21:18 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

キャリパーOH→ブレーキホース交換 その4

2017021101 (2)

前回の続・・・
左後ろのブレーキホーを交換するために、一時的にキャリパーを外し、ホースを閉めこんでいる11mmのフレアナットを緩めようとしたが・・・・
久々にやってしまった。
少しだけ角をなめてしまった~
フレアナットはやわらかくできていることは知っていたが、ここまで弱いとは・・・

2017021101 (1)

ブレーキ配管のフレアナットには11mmフレアレンチを用意したが、問屋は下ろしてくれなかった。
貧乏症はこんなところで、「安物買いの銭失い」を地で行くことに・・
安物のフレアレンチは、微妙にナットに当たる面にテーパーがついていて、しっかりとナットをホールドできないことがわかった。老眼でその当たり面を確認せずに作業を進めてしまって、ジエンド!

2017021101 (3)

そこで、思い切ってレンチの面取りしてあるテーパー部をサンダーで削り取ってやる。
しかし、作業もむなしく加工したレンチでも面をしっかりホールドしてくれない。
ん~困ったものだ。

2017021101 (5)

2017021101 (4)

そこで、ニューウエポンを緊急購入。
「KNIPEX 8741-250 マルチプルスリップジョイントスパナ」
このスパナは存在は知っていたが、まさか必要になるとは。

2017021101 (6)

しっかりと3点で力を分散し、プライヤのように締め付けることでホールドしてくれるはず・・・・・が、
なmんmん\\\\と外れない~
バナーで炙ってみたいが、周辺にゴムが多くて火は使えなさそうだ。
ピーンチ!

[ 2017/02/11 21:28 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター