壊れたボルト

IMGP28182 (1)

斜めに無理やりねじ込んだボルトの頭が削れてしまって、マフラーを外すことができない。
久々にテクニカルな作業依頼が入る。

タガネとショックドライバーさらに逆タップを用意しておく。

IMGP28182 (2)

IMGP28182 (3)

ドライバーが掛かるように溝を切るようにタガネを打ち込んでいく。
ところが、打ち込みすぎで、ボルトの頭が折れてしまった!
少し覚悟していたが、作業がややこしくなると思うとげんなりしていく~

IMGP28182 (7)

ここで緊急搬送。

すこし、自分のレベルを超えているので、いつもお世話になっているハマさんのところへ。
特にエンジンブロックにドリルやタップをあてることが怖い。

IMGP28182 (4)

ハマさんは気楽にドリルで穴を揉んでいく。
ドリルの径は経験値のない自分にはわからないが、さすがプロは違う。
勉強になる~

とりあえず、逆タップで試すも全く抜けてこない。
ボルトをねじ込む時に相当無理やりねじ込んだと思われる。

IMGP28182 (5)


そこで、最終兵器のタップでネジ山を作っていく。
エンジンブロックはアルミ素材なので、サクサクとねじ込んでいける。

ハマさんの指導もあって、修理大成功!

IMGP28182 (6)

ボルトも再生品を提供してもらい、ありがとうございました。

IMGP28182 (8)

無事にマフラーを撤去完了。
これから、新しいマフラーの取りつけやキャブ調整が始まる。
まだまだ、ハードルがありますね~
また、やりますか!

スポンサーサイト
[ 2015/05/27 22:44 ] BIKE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター