ダンスダンスダンス  



ダンスダンスダンス    村上春樹

読み始めてすぐに村上ワールドに引き込まれてしまった。村上氏は音楽が好きでファッションに敏感な人だろうか。文書の中には、主人公の趣味が随所に現れているが、著者の嗜好とリンクしているのだろう。
相変わらず、オカルト的な表現があり非現実的な中にも登場人物の色をうまく表現している。無意味のように人物表現しているが、ボディーブローのようにあとになって効いてくる。
次は、「ワンダーランド」を読んでみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示