スクーターJOG再生 7

IMGP27570 (10)

マフラー内に入れたパイプユニッシュの効果を出すために長いこと放置しておいた。
ついでにエキゾースト部のサビを真鍮ブラシで擦り落としておく。

IMGP27595 (1)

さらに内部の汚れとともに数日間排出させておく。
想像するに内部はたくさんの室に分かれていて、うまく洗浄はできないと考えられる。
たぶん、一度詰まったマフラーは再生は難しいと思う。
次回、内部にたまった水分も含めてエンジンの熱で乾燥させようと思う。
ただし、抜けが悪い場合は、新しいマフラーの購入も考えておかなくては。


と、前回作業したタイヤのバルブ交換でエア漏れが解消していると思っていたが、なんとビードからの漏れで再度やり直し。ん~まだまだ修行がたりないか。

IMGP27595 (2)

本来ならビードシーラーでエアの漏れを止めたいところだが、購入する前にできることから。
まずは、再度ビードまで外して接地面を120番のペーパーで磨いていく。

IMGP27595 (3)

ところが、すべてのビードを外してしまったため、上手くビードをリムに噛ませることができない。
そこで、タイヤをタイダウンで締めこみ、エアをコンプレッサーで注入。
もちろん、ビードクリームをしっかり塗布して~
やっとのことで、注入完了。
エアはコンプレッサーの限界6㎏までしっかり入れてから、規定値まで下げようと思う。
数日後に改めて組み立ててみたい。
さあ、ゴールが見えてきたので、もうひと頑張してみよう~
スポンサーサイト
[ 2014/12/24 20:35 ] BIKE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター