スクーターJOG再生 6

IMGP27570 (11)

もう一つの不具合を解消していく。
タイヤのパンクだが、バルブからの空気漏れ。
不具合がわかっているので、作業は簡単。(と思いきや~)

まずはシャフトのボルトを緩める。
Kさんからはインパクトでの作業を勧められたが、ブレーキをしっかりかけて22mmのメガネで問題なく緩めることができた。

ところが、シャフトからホイールが外れない。
四苦八苦してゴムハンマーとバールでゆっくりと抜き取っていく。

IMGP27570 (1)

少し、強引だったかもしれないが、結果おーらい。

IMGP27570 (2)

ドラムのシューをチェックして、ブレーキクリーナーで掃除しておく。
シューの減りは少なく、1度交換されているのだろうか。

IMGP27570 (3)

次にお借りしているビート外しで、リムから剥がしていく。

IMGP27570 (4)

これが原因のエア漏れ箇所。

IMGP27570 (5)

意外にも新品の時から空気漏れがあると聞くが、たぶん設置の時に無理に押し込むとゴムに傷が入るのでは・・・
そこで、しっかりとビードクリームを塗布して滑りを良くしておく。
塗っておくと素手で入っていく。
なんか、遊びありすぎか~

IMGP27570 (6)

次に外したビードに注意しながらコンプレッサーでエアを一気に注入。
一発でエアが入ってくれた。ありがたい!

IMGP27570 (8)

せっかくなので、ホイールを塗装しておく。
さすがに大事なところだけはウエスでマスキングしてから簡単塗装。

IMGP27570 (9)

シャフトにはモリブデングリスをたっぷりと。
ベアリングはまだまだいけそうな感じ~○

その後、ばらしと反対の作業を行い、設置完了。
さて、次回はマフラー内に漬けてあるパイプユニッシュの効果を確認して、排気のチェックを行うこととしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示