スクーター再生 4



急遽、Kさんにお願いして、行き詰った再生作業を進める。
今ままでの作業をKさんに説明すると、まずはキャブを再度分解することに。

そこでいきなりフロートの組み立て方が悪く、しっかりガソリンが供給されていなかったことが分かった。
初歩的なミスに、がっくりが隠せない。
もう少し、慎重になるべきだったかもしれないが、あまりも自分の技術のなさに意気消沈。

作業方法を盗ませてもらった。
キャブのドレンを開けた状態で、キックすると、そこからガソリンが流れ出ることを確認する。(Kさん!やっぱ、経験値の差です!)まったく、単純なことだが、先輩の手さばきを見ながら勉強するしかない。
まだまだ修行が必要だ~

備忘録として
アイドルスクリューは全閉から3回転と3/4、エアスクリューは全閉から1回転が初期設定。

その後、シリンダー内やインテークマニホールドなどをエアコンプレッサーで掃除して行く。
また、プラグは2STオイルでベタベタなので、クリーニングを。
プラグを金属部に設置して、点火状況も確認。


016ec700c00d4bc3b3caed690bf0bcb1f8fc57eab1.jpg

ところが、セルとキックを併用して、エンジンに火を入れようとするが、一向にダメ。
エンジンが掛かりそうだが、続かない。

そこで、マフラーを外すと、一発で始動!もちろん、白煙と爆音に包まれるが、始動したことに感激。
ということは、マフラーの詰まりてこと・・・


さてさて、スクーターのマフラーのつまりは、焼くより液体で溶かしていく方がいいと判断する。
次回はマフラーの掃除を試してみたい。

014019e5c919bacaa146249318f9dbcac65fcf63f5.jpg

せっかくなので、プラグは新調することに。

019428d241762d9f968e3669c5cfa4eb92cb2da214.jpg

さらに今回課題としてメンテナンスにチャレンジしたい箇所は、2STオイルポンプの不具合で、オイルの供給量が少し多い様子。
前オーナーいわく、オイルの減りが早いことと、排気側の詰まりから想定するとやはりポンプの異常を確認したいところ。

不具合が確認できて俄然やる気が出てきた。
これから寒くなりので、冬眠状態のなりそうだが、眠っていられないかも~
スポンサーサイト
[ 2014/12/01 20:01 ] BIKE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター