スクーター再生 3


キャブの復活に向けてメインジェットやスロージェットをクリーナーに漬け置きしておく。



2014111202.jpg

フローターも一時的に外して、可動域を確認していく。
そして、本体はゴム系や樹脂類を外して、キャブクリーナーをしっかりと吹き付けていく。

IMGP27517.jpg

とても詰まっているとは思えないぐらいきれいなキャブ。

IMGP27520.jpg

前回から機能していないかもしれないと疑っている給油ホースを取り外し、直接ホースをつなげて不具合の箇所を特定していく。

IMGP27521.jpg

さらにキャブ本体やその周辺機器を再設置する。

IMGP27522.jpg

弱ったバッテリーはしっかり充電して準備を行う。

が・・・・ところが、エンジンかからず!
ん??しっかりガソリンもエアも供給されているはずだが???
次回のチェックは、プラグ関係でしょうか~
復活までまだまだ道のりは長いようだ。

と、ここで事件が
2014111201.jpg

キャブのクリーニング中に落ちてきた部品が1つ。
なんだ、この円柱形のガイドピンみたいなパーツは?
さあ、どこから落ちてきたのか、悩みは尽きない~
スポンサーサイト
[ 2014/11/13 23:10 ] BIKE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター