APE  2号 メンテナンス



メンテナンスを続けていると直しているのか、自らこわしているのか。
アクセルワイヤーを調整した後の締め付けが悪かったので、スットパーのボルトが自然に外れてしまった。

01b71d6c1a6c858739bc61d921600c7e5fd36a3eb0.jpg

そこでストッパーとグリップを止めるボルトを一緒に新調しておく。

01563f5a383b4df1c0d081188a4c742c23611e74dd.jpg

次にタンクのキャップは空気穴がないなので、メンテンアスできないが、タンク内が負圧になっていないかをエンジンを掛けながらキャップを一時的に外して確認していく。異常はない様子。

IMGP27352.jpg

少し前から計画していた、マフラー内のカーボン除去とグラスウールの交換を行う。

IMGP27353.jpg

グラスウールは少し減っていて、ワイヤーを外した途端にバラバラになってしまった。

IMGP27356.jpg

マフラー内のカーボンは針金とウエスでしっかり取っていく。
パイプユニッシュで内部を洗う方法があるのだが、内側の鉄を酸によって溶かしてしまう可能性もあるので、溶液によるメンテはなし。

IMGP27358.jpg

さらにコンプレッサーのエアで吹き飛ばしていく。
すっきり!

IMGP27360.jpg

IMGP27362.jpg

インナーにグラスウールを巻きつけておく。
ちなみにデイトナの製品を1周だけにしておく。

IMGP27363.jpg

そしてもう1つチェックを。
タンクコックのつまりがないかを自然に流下させてみる。
特に異常なし!

そろそろ、プチツーリングにいかなくては・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示