W123 エアコンメンテ 4



次に交換部品の3か所目、エキスパンションバルブを確認。
バルブの周辺のスポンジがボロボロと落ちていく。
4か所の配管を外していく。

IMGP216595.jpg

新旧の対象するとまったくの同等品。
設置には、パッキンの径がそれぞれ違うので注意したい。

IMGP26593.jpg

また、径が大きくなるにつれてパッキンがよじれてしまうので、しっかりオイルをしみ込ませてから取り付ける。

IMGP26587.jpg

とその前に大事な作業。
旧の部品を取り外す時から気づいていたが、バルブ、コンプレッサーそして配管内に鉄くずが見られなかった。
念のため、エレクトリッククリーナーを吹き付けてからエアコンプレッサーで洗浄を行う。
古いオイルは若干出るが、くずに関しては全くなし!
実はシステムの古さから配管洗浄は必須と考えていたので、まったく、うれしい誤算。
もしかして、交換する必要なかったとか・・・・

IMGP26596.jpg

タイトな場所だが、問題なく完了。

IMGP26597.jpg

コンプレッサーの低圧側に100ccのエアコンオイルを補充しておく。

IMGP26598.jpg

さらにレシーバーにも60ccのエアコンオイルを入れる。これも規定量。

IMGP26599.jpg
IMGP26601.jpg

レシーバーとコンプレッサーを設置。
実は、ここで問題発生。
先ほど入れたオイルが設置するときに漏れてしまう。設置角度からすれば、どうしても垂れてしまった。
たぶん、20ccほどだろか。どちらにしてもそれほどの影響がないと判断し作業を進める。
いずれ、必要に応じて低圧バルブから注入することも考えておこう。

IMGP26604.jpg
IMGP26600.jpg

さらにいくつか問題あり。
パワステポンプの止めボルトの山が崩れてしまった。
タップがないので、ボルトだけを交換してこの場をしのぐ。いつかはいろいろな種類のタップサイズを用意したいところ。

そして、エアコンコンプレッサーのベルトにヒビが入っている。
すでに8年7万㎞程度は使っただろうか、今度まとめて注文するときは、ついでに購入しておきたい。

ガスチャージは次回につづく。
スポンサーサイト
[ 2014/06/05 20:21 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(2)
お疲れ様です!!
車屋さんでもなかなかやらない修理ではないでしょうか!?
すごいです!!
ちなみに・・・タップは持ってますよ!!使うとき言って下さい!!
[ 2014/06/07 17:50 ] [ 編集 ]
綻びの備忘録
今回は偶然にもガス漏れがなかったので、スムーズにいっただけです。
たぶん、トラブったら、困っていたと思います。

そーなんです。
タングステン タップダイスがほしいところです。
[ 2014/06/07 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター