本流・・・ちょこっと支流



この時期はゆっくりスタート。
まず、本流の最下流部からチェックをしながら北上していく。
すでにサツキマスの時期も終盤だろうか、少し時期を外した感があるが、戻りシラメを狙っていくつかのポイントを見て歩く。

IMGP26442.jpg

途中、フライマンが遠くのライズに遠投を繰り返していた。
この写真ではわからないが、少し前まで胸まで浸かっていたが、危ない場所だけに無理しないでほしい。
このポイントは過去にダブハンドで挑戦したことのある実績のある場所。
先客がいるので、また今度。

IMGP26443.jpg

次の場所は、ルアーマンが熱心に広い範囲を攻めていた。
ここも、また今度。

IMGP26446.jpg

ここは、体高のあるアマゴの実績があるポイント。
残念ながら、浮いてるアマゴはいません。
その代り、川ゴイがいきなり、ライズした!
よっぽど、竿を出そうか悩んだが、こんなところで時間をつぶしてはと思い、また今度。

IMGP26450.jpg

そして、本命のポイント。
実は、堤防から単眼鏡で探すもライズは発見できなかったが、やはり納得がいかずに至近距離で確かめると、やってるやってる!ライズ発見!

実はダメもとで、キャスティングを始めるが、やはりぜんせん届かない。
近くにライズが寄らないかと待ちわびたが、結局射程距離に入らず。
残念~
ただ今の時刻9時半。この時間のハッチが一番多く、気が狂った魚も自分も興奮しっぱなし。
そんなことで、夕方に再度挑戦する作戦に切り替え、さらに北上することに。

IMGP26464.jpg

結局、本流は諦めて、支流でお茶を濁すことに。
もちろん、ベストなシーズンな時期だけにそこそこ釣れてくる。

IMGP26466.jpg

特にサイトフィッシングで何本か釣ることができたし、丸々超えた個体が多く、ものすごく元気なイワナが写真撮影の前に脱走するする。
ようよう、GOODサイズを被写体に。

IMGP26469.jpg

この川では、ガガンボのハッチはたくさんあったが、水面には絡んでいたのは、このストーン。
ストーンが爆発的にスーパーハッチを起こす時があって、もしかしたらと思ったが、はずしてしまったようす。
まあ、また来年。

帰りに本流を再チェックを行うも、まったくのノーライズだったので、諦めておとなしく帰還。
来週からは、もう少し北上して雪代が終わる川へ行こうかと。
忙しくなるなあ~
スポンサーサイト
[ 2014/05/19 21:18 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター