KDX125SR クーラント交換 2



クーラントの代わりに水を数回交換し、内部の洗浄を行ってきたが・・・・

まずは、最下部のホースから水を抜いていく。

2014042804.jpeg
サイドカバーを外してリザーブタンクを確認する。
サブタンク内はクーラントが抜け切らないので、クリーニングするために取り外す。

2014042802.jpeg

なんと内部から、水と分離したドロドロしたスライムが出てくる。
ゲゲゲ…気づかなければそのままにするところ。


2014042801.jpeg

タンクの外も内もクリーニングしていく。
さらに、ラジエーターの中も同じ状態と想像できるので、上部のキャップから水圧を掛けて内部洗浄を行う。

その後、ラジエーターの規定量は約1Lなので、クーラント原液0.5Lを入れ50パーセントで薄めていく。

ここまで放置していくと水冷能力が下がっているはず。
効果のあるメンテだったと思う。
定期的に交換をしていきましょう。

スポンサーサイト
[ 2014/04/29 16:15 ] BIKE | TB(0) | CM(2)
お疲れ様です。冷却水もゲル状になるんですね・・・メンテ流石ですね!!
[ 2014/05/01 23:34 ] [ 編集 ]
よっぽど、メンテされていなかったと思われます。
排気量が小さいから、問題なかったのでは。もし、ビックバイクなら今頃、オーバーヒートですね!
[ 2014/05/02 17:22 ] 綻びの備忘録 [ 編集 ]
[ 2014/05/02 23:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター