ターボオイルライン



ターボオイルライン

エレメントの台座を外したときにターボのオイルラインも同時に外した。
ところが、再設置したら、オイル漏れが発生!
結局、オイルシールが効いていないことが判明。

ラインの穴はウエスで詰め物をしてカスがはいらないようにし、古いシールはドライバーと水ペーパーで完全除去する。
さらに、シール材として自由にサイズが作成できるガスケットを購入する。

IMG_1844_convert_20100224201030.jpg

ガスケットは、型紙を取って工作。

IMG_1845_convert_20100224201511.jpg

オイルラインの穴は、ポンチタイプの穴あけによって自作する。
このTOOLも前からほしかったので、思わず買ってしまった。



はじめは、オイルシールも考えたが、ペーパータイプのガスケットにしてよかったと思う。熱の掛かるところだけにいつまでもつことだろうか。
スポンサーサイト
[ 2010/03/03 12:20 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター