NEW WEAPON  ウエーディングシューズ



左が2シーズンの使い込んだシューズ、右が新調したシューズ。
チョータについては、たぶん4足目になるだろうか~
贅沢な話だが、最近はフェルトがなくなると、張り替えせずに次々と新調していく。

毎回、このシリーズは、履き脱ぎがしやすいことや軽くて柔らかいソールが歩きやすいので、連続して使用しているが、どうも今回がラストになりそうだ。
それは、最近まで別のタイプのシューズを検討していたが、あるSHOPの情報でこのシリーズが廃版になっているとのことで、慌てて購入したしだい。

さて、検討にあったてラバータイプが比較の対象になるのだが、ある記事からフェルトでは、ラバーほどのグリップは得られないとのこと。つまり、ソールの減りを気にしないのなら、フェルトの方がいいってことか?
自分にとっては、フェルトとラバーを現場に合わせて使い分けることにしたが、なんせ釣行に2足以上持っていくことが面倒だし、余分に買い足すことができない。

IMGP26028.jpg

チョータに限っては、買値が1万円以下とあって、ずいぶんとコスパが高い。
また、ソールの硬さや履き心地が自分に合っているので、このシリーズがなくなるのは、さみしい。

参考のために、RespectしているSJさんは、ティムコ社FoxfireのエアリスタminimalistとSimms社の Vaporがよいとのこと。
ただし、中にはスタッドやクリーツを打つ必要があるものもあるので、十分吟味したい。

さて、今年は評判のいいラバータイプを買い足すか再考してみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示