シーバス



関東の友人からシーバスのお誘い。
いつもポイントに早めの出撃。
しかも、この日は満月とあって、もしかして・・・期待が膨らむ。

と、現場に近づいてからRODをクルマに入れ忘れたことに気が付く。
あたたたッ・・・
やってしもうた!
友人がダブルを余分に持ってきてくれたので、お借りすることに。
この釣りでは過去にカゴを忘れたり、リールを忘れたりとトラブルの多いこと。
少し反省。(お出かけリストを作りますか!)

IMGP25678.jpg

この日は、満潮時に到着して下げ潮を狙っていく。
到着した時からベイトの気配があり、ボイルが起こっている。
確実に活性が高い!

友人はベストのポイントや潮の一番良い時を狙って、自分に場所を譲ってくれる。
その甲斐あって、何度もバイトに出会うがフッキングなし。
初めてのシーバスの反応に少々興奮気味。

と、大潮だからか下げの速度が早い。
意外にもベイトの動きがなくなってから、シャドウの中でドーンとフッキング。
少し中層に定位していたのだろうか。
大物とのやりとりばかりにリールファイとしようとしたのが、いけなかった。
手元で痛恨のブレイク。
フッキングが甘かったかもしれないが、ファイトで失敗するとは修行が足りない。

IMGP25688.jpg

その後、定位している位置を想定してキャスティング。
見事、2度目のファイト!今度は、慎重に寄せてくる。
サイズは小さいが、おかっパリではじめてのシーバス。
苦節4年、釣り上げるまで長くかかったかもしれない。

今回は、活性が高く、キャスティングレンジが短かったこともあってゲットさせてもらった。
RODを貸してくれた友人に感謝。

IMGP25695.jpg

そのRODは、13フィートのオーレックスで、軽くて扱いやすい。
このポイントは背後にヨシがあるため、バックキャストの高さに注意しないとすぐにフライを引掛けてしまう。日ごろは11フィートであっため、よくトラブルに会っていた。
この日は1度だけのトラブル。
ん~長いRODがほしくなってきた。

IMGP25698.jpg

毎度、道具は真水でしっかり洗っていく。
ラインも汚れを除去。

IMGP25697.jpg

今回のフライは、少しだけマテリアルを硬いものをチョイス。
これが良かったかどうかわからないが、友人のフライとは水の中ではシルエットが違っていたかもしれない。
次回に向けて少しフライを巻きますか!
スポンサーサイト
[ 2013/11/17 19:53 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター