KDX125 キャブOH 2



キャブOH2日目

IMGP25636.jpg

一晩漬けたパーツをエアコンプレッサーでゴミ等を飛ばしていく。

IMGP25637.jpg

本体の内部もキャブクリーナーでまんべんなく掃除していくのだが、ゴム関係だけは塗布しないように注意。さらに、時間を置いてからパーツクリーナーで汚れと一緒にクリーニング。

IMGP25639.jpg

セットする前にスロー側のピストンの不具合を修正。
穴のあいた面をヤスリで整えていく。
面はテーパー状になっているので、その角度に合わせてクボミがなくなるまで、削り込む。

キャブ本体を再セットする。
プラグをチェックするも意外に焼け具合は良好のようだ。
さらにエアフィルターもチェック。汚れもなく、吸気系もOK。
ガソリンを補充してキックを数回くりかえすと、見事に着火。

古いものを復活させることに少し感動。
やっぱ、内燃機関はたのしい~

次回は走り込みでKIPSのチェックをしてみよう。


スポンサーサイト
[ 2013/11/01 21:36 ] BIKE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター