XR250R ME06 8



8日目

結局、カーボン除去は漬け置きだけでは、効果がないため、沸騰しない程度に温めて、歯ブラシを使って強制的にそいでいく。
透明だったサンケイの液体は、真っ茶色に変色。
ある程度、除去できたところで、終了。
バルブの当たり面には影響がないので、重さに影響が出ない程度で無理をしないことに。
たぶん、ヘッドなどのブロックにはカーボン除去の効果があると思われる。

腰上のパーツを外せたことで、休みを利用してバイクショップを訪ねる。
もちろん、必要と思わるる部品を注文しなくてはならない。

そのために主要な部品も一緒にもってショップの方と相談しながら注文を行う。

IMGP25611.jpg

バイクショップでは、パソコンを使用して在庫を確認してくれる。
このパーツリストは、10版と見たことのないもの。
自分で購入するときは同じものを手に入れたい。

と・・・
今回の注文でポイントになるところは、シリンダーのスリーブに傷がついていることからシリンダーのボーリングトとホーニングをするためにサイズアップのピストンを用意する必要がある。
ところが、スタンダードピストンは販売しているが、純正はないとのこと。
どうも、社外品しかない。それもすでに在庫がなければ、それもないかもしれないと。

IMGP25599.jpg

さらに決定的な問題が・・・
ヘッドのカムシャフトを支える受け部分の傷がひどすぎるとの指摘。
持ち込む前から気になっていた。
実は、ヘッドは販売が中止になっていた。
ネットでは、無いという噂が流れていたので、それほどショックではなかったが、再確認したかった。
専門家の間では、MD30モデルのヘッドが、少しの加工で装着できるとのこと。

ここで、決断をしなくては。
つまり、お金を掛ければ、どんなものでも直すことはできるだろうが、いつまでも乗れるものではない。
ここは、少しの間ドナーを手に入れるまで、復活を先延ばしすることにする。
特にME06は生産が中止なってから時間が経っているし、海外モデルが多かったことから、ドナーが出てくるとは限らないが、少しの間待つこととしよう。
部品が入り次第、修理を再開したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか厳しい状況ですね・・・
復活を楽しみにしてます。

コメントありがとうございます。
XRは長い目で復活させます。

実は、同年代のKDXが舞い込んできましたので、こちらも簡単な復活作業をしていきます。
また、ブログアップしていきますネ。

お疲れ様です。未知の世界を見させていただき勉強になりました。
さすがですね!!

おお、KDX!
以前書きましたが昔乗っていたバイクです。
OH時、凄く折れやすいKIPSを折らないように気を付けてください。

Re: タイトルなし


調子を見ながら、エンジンを開くかどうか判断します。できれば、KIPSのカーボンはきれいにしたいところです。

Re: タイトルなし

何をおしゃいますか!
kさんがいなければ、エンジンに手を出しません。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示