ブレーキセンサー不調



不定期でブレーキの異常を知らせるランプが点灯する。車検を通したばかりでパットの厚みは十分にあるはず。

IMGP25264.jpg

タイヤを外し、キャリパーの外側からチェックを行うが、ブレーキパットは十分あるようす。
やはり、センサーの誤反応だろうか。


IMGP25265.jpg

パッドよりセンサーの先端をチェックしていく。
この状態が正常な状態。

IMGP25263.jpg

ただし、一度抜いてしまうと被覆してある樹脂が取れてしまうので、鉄線がむき出しになってしまう。
通常ならパッドが薄くなってくると被覆を破って鉄線が触れ合うことで、通電してランプが点灯してしまう仕組み。


そこで、鉄線に被覆してから再セット。
これで、OKでしょう。
すっきり!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示