夏合宿2日目  その3




その後も快調に釣り上げていく。
サイズは上がってこないが、8寸ほどを頭に数をそろえていく。

IMGP25019.jpg

水位が高いので、ライズ箇所は限定されるが、この時期には珍しくストマックでおなかの中を確認させてもらう。
羽根アリかな?
いかにも偏食している。
それからは、浮力のあるアント系のフライをチョイス。

IMGP25055.jpg

ここでは、ベストポイント隊長がやってくれます。慎重に手前から徐々に核心部へ。
すると、巻き返しからビックトラウトを引き出してくる。
と、痛恨のブレイク!
横で、「はずれろ!はずれる!」と念じたらほんとに外しちゃった!

あまり、人の不幸を念じちゃいけませんね~反省・・・

IMGP25024.jpg



ここで、本流のイワナについて
昨日は、この支流に入渓したのだが、明らかにイワナの種類が違うと思う。
どちらかというと、富山県側の渓流で見かけるタイプに似ている。
写真ではわからないが、虫食い模様がはっきり出てきている。
ここは、もしかしたら放流の影響があるのだろか???

さらに最上流部をロープで降下。
そこにはパラダイスが待っていた。

2013081001.jpg


隊長が尺上をゲット!
こちらも続きたいと力が入るが・・・・

IMGP25068.jpg

なんと「子クマ」に出会ってしまった。
会った瞬間、周りに親クマがいないかと恐れおののいて、ゆっくりと後ずさり。
ハッと気づいてカメラを向けたが、すでに子クマは山に中に逃げてしまった。
何もいない写真だが、中ほどの岩盤の割れ目にいたわけ。
これから、尺神様が住んでいるかと思いながら、うしろ髪引かれる思いで、撤収してしまった。
後からずいぶんと後悔してしまったが、仕方がない。
次回にリベンジするために宿題としておきましょう。
やはり、クマの出るようなところは、釣れますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示