夏の合宿 1日目



山岳渓流のベストな時期を狙っていざ合宿へ

IMGP24931.jpg

IMGP24951.jpg

今回は偶然にも北九州の教祖様が来長野。
初めはTさんと2人であったが、全くの打ち合わせなしに同日に宿に泊まるとのことで、去年に続いて一緒に遊んでもらう。

IMGP24914.jpg

今年の1発目は藪漕ぎから体力を奪われる。
ここは、もっとも熊の多いエリアとあって、大声で会話しながらの移動。
今回の釣行では、事件がおきてしまうのだが・・・

IMGP24916.jpg

さあ、これから戦闘開始。
特に標高差のある渓流には堰堤が続く。
九州にはこんな堰堤はないそうな~

IMGP24993.jpg

終始、教祖様の釣りをじっくり研究しながら、テクニックを盗んでいく。

でも、この日は活性が高いのか低いのかよくわからない状態で、大物は姿を現さない。

IMGP24998.jpg

そんな教祖様がドラックフリーでせめても、スレで釣れてくる。
やはり、先週の増水で水温が低いからだろうか。
ちなみに、この時期にしては、低い14℃の水温。
まあ、雪代が入る谷だけに仕方がない。

IMGP24965.jpg

IMGP24958.jpg

IMGP24996.jpg


釣果は、1人あたり2ケタの結果があっただろうか。
とても楽しく遊ばせてもらった。
明日には、少しは水位が下がって、流せるポイントが増えていると願いたい。

IMGP24923.jpg

この谷のイワナ模様は、ニッコウ系でも白の斑点が小さく、日本海側でよく見ている模様と違いがある。
この谷は、閉鎖された谷だけに、原種に近い個体かもしれない~

スポンサーサイト
[ 2013/08/06 22:30 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター