ブレーキセンサー不調



先月の大雨の中で、長距離運転中にブレーキのパッドの量を警告するランプが点灯。
まさか、残量が少ないわけでもないので、やはり、漏電による通電によってランプが点灯したよう。

実は前回のホイールシリンダーをオーバーホールしたときにセンサーの先端を絶縁するために塗料を使用したことが、原因と考えられる。
今度、キャリパーまで外すときはチェックしておきたい。

8月は32年目の車検の時期がやってきた。
今年も名古屋のヤナセさんにお世話になりますが、現在絶好調なので、何も調整しないでください。
無事に通過しますように。

スポンサーサイト
[ 2013/08/02 22:12 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター