本格シーズン始まり



今日の日を待っていたかのようにイワナが飛び出してくる。
待っていたのオレか??
毎度実績のある淵に今年も遊びに来れたことがうれしい。
また、サイズは伸びなかったものの、魚の量は十分すぎるほどと思われる。

この川は、面白くて雪代の入る谷が決まっていて、水温や水位の差が顕著にあらわれるので、入渓場所と時期に気を配りたい。
と、いいながらばっちり合わせることができたのも、先週からの偵察が功を奏した結果かも。

IMGP24456.jpg

川に慌てて入るわけでもないので、朝からゆっくり足湯で極楽。

IMGP24488.jpg

どうも、今年の彼女たちは、皆目玉が大きい個体ばかり。
たぶん、姉妹ばかりだろうか。

IMGP24473.jpg

特に背中の模様は、純粋なニッコウ系であるよう。
美しい~

IMGP24497.jpg

NEW RODにも入魂を済ませて、今日はホッとさせられる。
ついでに、よく釣れるように願掛けしたいところ。
東北遠征用に用意させてもらっただけにこれから活躍してもらいたい。

IMGP24505.jpg

さてさて、胃袋のなかは、意外にも表層の虫を捕食していたようで、ライズの数に比べれば、ストマックの中身が多かったような気がする。
もっと、朝からお食事モードだったかもしれない。

IMGP24513.jpg

2ランド目は、場所を変えて入渓したが、自分の釣果とは裏腹に連れのたっちゃンはどんどん釣り上げていく。
ここで、意外なことに気づく。

IMGP24522.jpg

明らかに午前中に釣り上げた違う個体がいることだ。
特に魚体の色が黒く、虫食いの模様がないからだ。
ヤマト系とは言わないが、少し模様が流れているような気もする。
もしかしたら、こちらの方がこの川の原種に近いのかもしれない。


IMGP24518.jpg


IMGP24523.jpg

この子は尺があるのかないのか、確認中。
羨ましい~。

どうも、後半はこちらの電池が切れていたようで、釣りに集中できなかった。
先日の波乗りで疲れ果てていたからだろうか。
まったくもって言い訳にもならないが、空回りするばかり。
挙句の果てに顔から水浸してしまうほど、激しくコケてしまい、ジエンド。
冬眠中の身体は、鈍っていたようで、徐々に山岳渓流に身体を慣らしていくしかない。

まだ、シーズンが始まったばかり。
今年も行きたいところばかりで、身体が1つでは足りない。
1つ1つ消化していこう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示