海辺のカフカ

IMGP2025.jpg

海辺のカフカ  村上春樹

またまた、楽しく読ませてもらった。
偶然にもタイムリーに友人が同じ本を読んでいたこともあり、身近な人が自分と同じような感覚でいるかと思うと意味もなくうれしくなってしまう。
潜在的は、多くの人が読んでいるのだろう。

主人公は15歳の青年であるが、過去の自分はここまでマセていなかったと思う。
実は自分の息子が現在15歳であることも、なにかしら複雑な気持ちになる。

2つの物語が最後に結びつくことが運命づけられていたのだろう。終末が読める村上さんらしい終わり方だった。

大島さんの兄の一節に「サーフィンは奥深いスポーツなんだ。俺たちはサーフィンをすることを通して、自然の力に逆らわないことを覚える・・・・」とある。
絶妙のタイミングでこの一言がでるなんて!
もしかしたら、著者は生粋のサーファーかもしれない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示