オレたちバブル入行組



「下町ロッケ」を読みたいと思いながら、先輩の薦めもあって先に「オレたち入行組」を読むことにする。

実は、前半については可もなく不可もなくといったところだったが、内容が急展開してからが、ぐいぐいと引き込む文章に久々に楽しく読ませてもらった。

特に著者が自分と年齢的に近いこともあって、時代背景の波長が合っているのか、同感する箇所が随所に見受けられる。

当分の間、池井戸 潤にお世話になりそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示