FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手遠征 3日目



3日目は、少しでも魚の顔を拝みたいとばかりに確率の高い源流をチョイス。
朝一番に車止めまで行くといきなり、ジムニーがとまっていた。
やられたーー。
やはり、禁漁前の金曜日とあって、先行者はしかたないのか。

そこで、作戦変更。予定の入渓場所よりさらに上流を目指すことに。

IMGP23651.jpg

林道を歩く前に比較的眺望のいい場所にでる。
右が岩手山。雲海も見えるほどの標高なのか、美しい風景にここまで価値があるかもしれない。

さて、ここからが半端ないトレッキング。
IMGP23656.jpg

まずは、果てしなく階段を降下し、林道を2Km上ることになる。

IMGP23664.jpg

やっとで到着した源流。
丁寧に釣り上がっていく。
ここは地域でも一番魚が多いと言われているポイント。ととろがところが、なんとどんなけ叩いても、アタックもなければ、逃げる魚影もみあたらない。
まさかまさか・・・
2人で早々にあきらめることに。

IMGP23666.jpg

結局、頭を冷やすために途中の取水プールでイワナに遊んでもらう。
で、先行者が入ったと思われるところから十分時間をとって、入渓を試みる。
前もってオーナーから聞いていた滝まで到着したのだが・・・・

IMGP23672.jpg

なんと、これから核心部に突入するところで、濁りが入ってきた。
とても、DRYでは勝負にならない。
なんてことに!

結局、隊長との話し合いで川を変更することに。
しかし、魔の600段は超えていかねばならない。
釣れていれば、楽勝で登ることができるのだが、身体はチョー重たい。

そこで時間を計算に入れ、昨日のA川へ。
ここでは、隊長がライズを譲ってくれて、

IMGP23677.jpg
IMGP23683.jpg

美しいヤマメをゲットさせてもらった。
今日1のチャンスだったかもしない。

その日の出来事には、他のお客さんやオーナーも同情してくれたが、やはり現場での対応力のなさに痛感させられる事件だった。
そして、追い討ちをかけるように最上流で入った川は本流ではなく1本手前の支流であったことが発覚!
その川は、温泉系の水で魚がまったくいないそうな~
もうそれを聞かされたときは、気を失うぐらいびっくりした。
まったく、最後の最後までどたばたはつづく。

でも、K川についてはたくさんの宿題を残してきたので、またの挑戦に望みをつなげたいところ。

つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわです

いや~外は大荒れですね~!

東北遠征、お疲れさまでした~
コンディションはタフな状況でしたか。。。ですが、素敵なヤマメ・イワナの渓流ですね。 近隣の渓流と違った渓相を釣るのはワクワクしますね!
お宿も、ステキそう~♪♪♪

カッキー、コメントサンキューです

本日は災害対応で缶詰状態です。トホホ・・・

さて、遠征ではタフコンディションの中、隊長は良型を釣り上げてくれました。
今回は仕方がないとして、川のポテンシャルは中部の比ではないです。チョット言いすぎか!

また、クボタロッジのオーナーはフロンティアのオーナーと同様に人柄がよく料理の腕がピカイチ!甲乙つけがたいところです。
お勧めの遠征先です。

6月のリベンジをしたいところですが、どうなることやら~
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。