ATFの適量



ATFの適量

メルセデスのATF量は乗り始めのころから特に注意していたことだ。

自分の友人でもあるHさんからのメンテナンスのいろいろなことを教えてもらっている。今では、事情があってなかなかお会いできないのが残念だが、困ったときは必ず相談にのってもらう大切な人だ。

もちろん、ATF量もご教授してもらいながら、過去に3回のATF交換をおこない、最近では少しだけ自信がついてきた。

基本的に高速で走っているときのような状態でフルード温度(80度?)を上げて、ゲージの目盛内に収まるよう管理するのだが、そんなことはできないので、アイドリング状態で約1cmぐらいゲージに付くように合わせるのがいいそうだ。

IMG_7164_convert_20100220144046.jpg

交換するときは、埃が入らないようにしたり、オイルを足していくときに適量を少しずつ入れないとすぐにオーバーしてしまうため、十分な配慮が必要だが、慣れてしまえばなんて事はない。

これからも3万キロか2年に1度は定期的に交換する予定だ。

スポンサーサイト
[ 2010/02/03 12:03 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター