クリップルアント



たぶん、こんな程度のフライなら先人がすでに開発ずみでしょうが、クリップルダンが好きなだけにアントに応用できたことが、うれしくてしかたがない。

もともと、シナモンアントでいい思いをしたことがあって、忘れられないアントフライだが、いかんせ視認性が悪くていつもフライボックスの片隅追いやられていた。
今シーズンに源流釣行が多いだけにどうしてもはずせない陸生昆虫に一石を投じたフライになりそう。

少々、クリプルダンに失礼だが、水に絡んだ状態が、水面で溺れるアントの慌てぶりを表現するのに一役かってくれそう。次回の試投がたのしみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示