ドアロック修理



ドアロック修理  そして事件が・・・

バキィームによるドアロックの機能が落ちてきていた。
負圧を作る能力はあるのだが、2日以上になるとロックを解除したりするスピードが落ちてくる。
たぶん、正常な場合は、1週間は持ってくれるはず。

IMGP22724.jpg

IMGP22725.jpg

IMGP22726.jpg

IMGP22728.jpg

順番に内装を外していく。
最近は手馴れた作業になってきた。

IMGP22732.jpg
さて、問題のエア分配バルブ君。

前回は、エンジンルーム内のチェックバルブを交換したが、効果なし。
基本的にすぐに負圧がなくなるわけでないので、エアの切り替えをするバルブが怪しいと判断し、交換に踏み切っる。
このバルブは、1万円以上する代物だが、少しは改善されたよう・・・。
明らかにエアの持ちはよくなったようだ。
新車の状況が、わからないだけに完璧かどうかわからない。


IMGP22737.jpg

ドアの内張りを外し、作業を進めていくと事件は起こった。
ドアノブに若干の違和感があったが、まさかまさか。
なんと、ノブのステーが折れているじゃないの。これはまずい!
運転する側なので、毎回使用する箇所である。30年以上に渡る乗り降りで毎回ストレスを与え、疲労骨折したのでしょう。

IMGP22740.jpg

とりあえず、添え木ならぬ、添え棒で緊急処置。
こんなで、維持できるわけないので、いずれは交換を。


スポンサーサイト
[ 2012/06/25 20:37 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター