Aピラーの憂鬱 最後にしたい



あれほど、慎重に原因を特定してAピラーの雨漏りを修理してきたにもかかわらず、またもや失敗に終わっていた。
先日、爆弾低気圧で一時大雨となった時に足元のマットに水がたまるほどの雨漏りが発生した。
いままでに何度となく修理をしてきただけに、さすがに凹んでしまう。

IMGP2244.jpg
気を取り直して、よくよく観察するとウインドゴムの下側に隙間があることを発見。
中をドライバーで確認すると濡れているようだ。
この箇所は、ゴムの下側にになり、水が回り込むことがないと思っていたので、まったくのノーマーク箇所。
しかし、雨の量が多いときは、雨どいからの溢れた水が滞留するのかもしれない。

IMGP2245.jpg
それで、直るかどうかは定かではないが、いつものシリコンで注入してみる。
本当は、プロに頼んでフロントウインドウのウエザーを取替えがいいんでしょうけど・・・・。

止水できたかどうかは、次の大雨で・・・・。

スポンサーサイト
[ 2012/04/07 23:12 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター