熊本遠征 3日目



朝から若干寒いが、曇りがちな天気。
前日より気温が3度以上低いとハッチが誘発されると聞くが、果たしてどうなるのでしょうか。

IMGP2102.jpg

阿蘇の裾野は高木が育たない酸性の土壌でしょうか。
ひらけた風景に独特の開放感が広がる。

ポイントは、解禁当初からライズの実績があった場所で10時ぐらいからライズ待ちをする。
そして11時半頃から1時間の間だけ少しのハッチと20cm程度のヤマメが散発なライズを繰り返した。

IMGP2109.jpg

実は、自分はまったくライズを取ることができず、案内役の○塚さんは、数回のキャストでゲット!
さすが、百戦錬磨!
釣れてきたヤマメは、尾びれが切ってあり、いかにも放流魚。
前の年の放流時には、大雨で増水していたこともあり、この近辺では放流されていなかったとのことらしいが、成魚放流には、他の人が絡んでいたのだろうか。
ここは、漁協がないだけに自由な放流がなされてるのかもしれない。

IMGP2112.jpg
IMGP2114.jpg

結局、スーパーハッチが起こらなかっただけに残念な1日となった。

夜は、九州中のフライマンが集まる宴会に参加させていただいた。
毎年、解禁の恒例の行事とはいえ、これだけの釣り人が会することがすばらしい。

IMGP2117.jpg
挨拶では、チョー有名な方も来熊でヘンリーズホーク以来の再会となる。
みなさん、酒が飲みたいのか解禁に合わせて湧水の川で釣りたいのかわからないが、気持ちのいい人ばかりで楽しいひとときであった。
スポンサーサイト
[ 2012/03/19 21:24 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター