エアクリーナー台座修理



先般、アッパーアームの交換で取り外したエアクリーナーの台座が壊れていた。
早速、外科医のハマーさんのところへ緊急搬送。

こちらから溶接で直してほしいと依頼したら、やめた方がいいと。
溶接箇所のまわりが弱くなるので、また壊れるとのこと。
確かに・・・・


IMGP1203.jpg
IMGP1205.jpg

そこで、奥から強度のある鉄板を適当な形に切り取り。
Lチャンをこしらえてくれる。
また、強度にも気を使いながら、ボルト締めできるように加工してくれる。
実に手際よい仕事だ。

使った道具は
IMGP1207.jpg
IMGP1206.jpg
カッターにサンダー。すべてエアTOOLである。
これほどまでに使いこなされると、ほしくなってしまう。

IMGP1209.jpg
追加した鉄のアームは自前で塗装する。
これで錆び防止とする。

IMGP1220.jpg

そして、組み立てが上手く完了し、これも数ミリと違わないハマーさんのGOOD JOBに感謝!

IMGP1223.jpg

ついでにターボ用の配管も外していたが、ガスケットが切れていたので、自作のガスケットを作成し、再セット完了。
さあ、次回は左フロントのアッパーアームを交換したい。
スポンサーサイト
[ 2011/11/09 23:23 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター