ねじまき鳥クロニクル 



ねじまき鳥クロニクル 村上春樹

久々に読み進むのが惜しいと感じた本であった。特に3巻までくるともう終わってしまうかと思うと読むスピードを落としてしまうほど、読書の時間が楽しかった。

理解できない現象に戸惑いながら、非現実的な世界に引き込まれていく感じがたまらない。「ノルウエーの森」とはまったく違った世界だった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示