読みの整理学



活字を読む場合をアルファー読みと・ベーター読みに区分し、読みの種類を紐解いている。特に時代背景とともに読み方が変わってきていて現代人の読み方がいい面と悪い面が2極化している。

いまは、読みやすいものがよいとされ、簡単に理解されやすい文章が好まれるようだ。1度読んでもわからないような難解な文章は敬遠されがちだが、そこに面白さを求めることできたら、少し上のレベルにいけるのだろうか。
ただ、そこまでストイックに読書できないのが、ミーハーなのか、それとも余裕のなさか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示