FC2ブログ

ウインドゴム交換

以前からサイドウインドのゴムがひび割れおり、雨水の浸入があるかもしれないと気になっていた。

ずいぶん前から部品を購入していたが、なかなか交換する機会がなかったためにのびのびになっていた。

IMGP1864_convert_20100111100809.jpg

過去に右後のクオーターモールを取り外すときにドライバーなどでこじってモールをグニャグニャにしてしまった苦い思い出があるので、取り外す道具を購入する。

少し前に友人の車でインロックして時にJAFのお兄さんが使ったテクニックをマネしてみる。それは、傷つけたくない部分に薄いフイルムを挟み込みながらモールを取り外すことだ。これがなかなかいい感じ♪(ニャース)

ここで注意したいのは、ドアのモールは外しは上方向に引き上げるツメになっているが、後ろクオータガラスのモールは横方向にずらすツメの構造になっている。

IMGP1867_convert_20100111101225.jpg

無事にはずせたことに結構満足!

IMGP1865_convert_20100111100951.jpg

よく見るとゴム内にある芯(鉄)が錆びてゴムといっしょにボロボロの状態。交換を決意してよかった。

IMGP1869_convert_20100111101345.jpg

日ごろから、ドイツ車によくあるモールの曇りに注意している。劣化すると表面が剥げて地が出てくるのかわからないが、みすぼらしい状態になる。わたしは、数年前からピンク色の粉状のものを定期的に塗布している。

IMGP1870_convert_20100111101448.jpg

自分の車両のモールは比較的程度がいいので、この作業で効果があるのかどうかは、わからないが商品を信じて使っていくつもり。

IMGP1881_convert_20100111101901.jpg

問題のゴムをはずしたのち、カバーされていた部分の磨き作業のついでにドア1枚分をコンパウンドで磨くことにした。写真でも若干わかるかもしれないが、何年来の水垢がとれてめちゃ美しくなった。他のゴム交換時にはそのドアも磨くことととしよう。

IMGP1877_convert_20100111101651.jpg

IMGP1888_convert_20100117090250.jpg


新品のゴムを取り付ける前にゴムの両端に露出している鉄が錆びていることに気づいた。ビニール袋の中に梱包してあったにもかかわらず、錆びるとは!これでは、またまた、ゴムの中で鉄が錆びてゴムを膨張させることになる。一様、タッチアップの要領で塗装を施し、予防策とする。

IMGP1879_convert_20100111101759.jpg



さらに止めのツメもサビチェンジャーで塗装する。

完成!後日、前のドアのゴム交換を実施したい。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示