合宿1日目



心躍らせる待ちに待った個人的な解禁日がやってきた。

年に1度の毛バリ部の○田川合宿に参加。
内容は恒例の温泉付きの極寒FISHINGで例年になく寒さの厳しい合宿となった。
また、釣果も大変きびしいことに・・・・

同行した友人によれば、釣果に左右するハッチは昼すぎの1時ごろにシロハラコカゲロウが水面に絡むように流れていたよう。
自分はいかにもハッチのあとの吹き溜まりを発見したが、流れに絡んでいるカゲロウハは全く見ることができなかった。

雪面の上には、いつもならハッチの痕跡が確認できるはずだが、今年はまったく見られなかった。
宿泊したオーナーの話では、2月の上旬まで工事によって水位が長いこと高かったようで岩についているべき藻がまったくといっていほど付着していなかった。
もしかしたら、長い水温低下によって水生昆虫の活性が低かったせいだろうか。
実は、解禁した日よりずっと滞在していたフライマンによると3日間全くつれなかっとも聞く。エキスパートの団体も調子が良くなかった様子。

IMGP4915.jpg
水温は下流で9度、上流で11度と予想どおりと特に変わった様子もない。水量も温度も悪くない状況と思われる。

IMGP4914.jpg
同行した友人は、いつもなら絶えず好成績を残す強者。
しかし、今回だけは撃沈したよう・・・

自分はイブニングになんとかヤマメとイワナを1本ずつあげることができたが、いかにも渋い出方に難しい日となった。
現場で合うフライマンの中には、地震のことを気にしている人がいた。先月の末に起こった地震が影響していると・・・個人的には関係ないと思っている。
スポンサーサイト
[ 2011/03/05 21:30 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター