国境の南、太陽の西

久々の恋愛小説に年甲斐もなく、のめり込んでしまった。基本的に村上さんの小説は、男が主人公だけに自分を置き換えて、話に集中していくのでしょうか。

だれしも大小の差があるにせよ過去の恋愛を引きずって生きているかもしれない。まじめに自分と向き合う人とさらっと忘れてしまうような人とそれぞれがいるけど、小説は前者が主人公なのでしょう。

久々のラブストーリーにいろいろな意味でわくわくしてしまった。
ノルウェーの森とならんで映画化するならこちらもありかと・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示