シートラバー2(作業3日目)

先が見えてきての3日目作業。
気は少し楽になったが、危ない作業だけに気を引き締めて。
左側も同じように作業を進める。慣れてくると早い早い。




バネ関係が組みあがってからが、3つ目の山が待っていた。
デフを留めているナット部にセットするのに時間を要した。最後にわかったのだが、デフだけをジャッキで持ち上げるのではなく同時にプロペラシャフトを持ち上げてやるとジャストにはまるよう。ちょっとしたコツがいる。つまり、プロペラシャフトが伸び縮みするので位置がずれてしまうので、それを合わせるのが大変。また、デフ本体だけのジャッキをかけると斜めに持ち上がってしまうのだろう。バールで微調整をしながら、あわせていく。

IMGP4815.jpg
IMGP4821.jpg

ボルト締め付け前にはワイヤーブラシで詰まったごみを削り取る。
さらに先日購入したロックタイト242を塗布する。
こうなってくると作業も終盤。
念のため外しておいた、マフラー、スタビリンクやキャリパーをセットする。
さらに内装を復旧していく。(掃除機もかける すっきり)

後日改めて抜けてしまったハイドロリュックを補充することにしよう。
作業のやり方によっては、それほど抜けないようできるかもしれない。

今度またこの作業をするとおもうと気合を入れないとできませんなあ。

リアの車高については、それなりに改善されている。数字的には、5mm高になるはずだが、実際はもう少し高くなっている。既設の経たりもあるようなので、効果があったと思われる。

今後は、もしかするとデフのOHやショックの交換をしなくてはいけないときがくるかも・・・
どちらにしても、久々の重整備でたくさんの勉強をさせてもらったので、自分のレベルアップになった。マル。



スポンサーサイト
[ 2011/02/13 15:52 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター