デフオイル交換




走行距離が15万キロを超えてきてデフオイルの交換サイクルもわからないまま、いつかは交換しようと決めていた。まあ、駆動系の異音に悩んでいたので、気休めかもしれないがデフオイル交換を行った。

注入するオイルは一度お湯で温めてから行った。作業が容易になるらしい。また、自然流下で流し込めないため、手動ポンプタイプを使用して注入する。

ポイントとしては注入口が緩むことを確認してから、下側のドレンボルトをはずすこと。ボルトはヘキサゴンを使用するのだが、舐めないように注意したい。さらに注入はオーバーフローするまで行った。

こんなメンテナンスでいいのか?
今のとこと問題はなさそうだ。

交換による効果はまったくわからないが、意味がないわけではないので良しとする。
スポンサーサイト
[ 2009/12/28 12:32 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター