FC2ブログ

LH178V スタッドレスタイヤへ交換



そろそろタイヤを冬仕様にしなくては~
予てから用意しておいたスタッドレスタイヤへ交換していく。

タイヤには少しだけこだわりがあって、雪道で大きな差を見せつけられてきたスタッドレスタイヤがある。
過酷な条件で他車が動けなくなっても、必ず走破してくれたタイヤは、ブリジストンのブリザック!

今回も注文が遅れると、無くなってしまうので早めに注文してストックしておいた。

2018121601 (3)

今回は商用車用のVL1.
若干、乗用車用より固めのゴムだが、前モデルで実証済みなので、後継モデルに決定。

2018121602 (1)

交換前に毎回行う儀式だが、タイヤの健康診断がてらエアチェックを行う。
と、ところがトラブル発生!
なんと1本がまったくエアが抜けてしまった!

2018121602 (3)

2018121604.jpg

ここは液体WAX(本来なら液体せっけんがいい)でエア漏れをチェックしていく。
すると、内側のリム10cmほどの範囲からブクブクと空気漏れを発見。

これはまずい~
アルミホイールが一部錆びて、ゴムとの間がボコボコになっていて、密着していないようす。

さあ、自分で直すかなやみどころ・・・
もし作業しようとすると、相当な力仕事になりそう。
そこで、組み替えてもらったタイヤ屋さんに相談。

2018121601 (1)

組みつけだけお世話になっている店に確認すると快く、やり直してくれるとのこと。
ありがたい。
やはり、アルミの表面が腐食して剥がれていた様子。
ヤスリで面を整形して、パンク修理材を塗布して様子を見ることに。

1日放置してエア漏れなし。
少しの間、チェックしながらですかね~

2018121601 (2)

はめ込みの時はブレーキや足回りのオイル漏れなどをチェックしていく。
これも、大事な健康診断。

振り返ってみて、アルミホイールがこんなに腐食したのは、はじめて。
台湾製のようだが、海外で安価なホイールを作り始めた頃なので、品質に問題ありなのか~
不凍結材でやられてしまうのなら、春の履き替え時にしっかり洗浄してやるべきかもしれない。
勉強になった。マル
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示