緊急搬送 クラッチケーブル

2017080801 (7)

とうとうこんな日がやってきた。
台風がもっとも近づいている時間帯に仕事しているところにレイトバスが不動になったと・・・・

緊急出動。
最近はトルコンのクルマが多いので、牽引することなかったが、ミッションは気軽に引っ張れるのがありがたい。
今回はJAFを呼ばずに自前で牽引。

2017080801 (3)

さて、今回の病状はエンジンはかかるが、1速から発進しようとすると、エンジンがストール。
「修理は推理」と自負しているだけに・・・
はっきりと確信はできないが、たぶんクラッチケーブルが不調と判断。

2017080801 (6)

アンダカバーを外して…
想像していたよりカバーに覆われたパーツは程度が良さげ。

2017080801 (4)

ケーブルのペダル側をチェック。

2017080801 (2)

ボーデンチューブもチェック

2017080801 (5)

途中、トーションバーに接触しているが、切れはなさげ。
いつかはこの擦れる箇所を改善する必要がありそうだ。

2017080801 (1)

見える個所だけのチェックだが、切れはない。
ケーブルの緩みは1,2cm程度がいいとあるが、どの範囲を緩みとしているのか、まったくわからない。
この蝶ナットを5,6回程度締めこんで、張り具合を調整。

少々適当だが、しっかりクラッチが切れてくれるようで、修理完了。
試乗でも問題なし。

ストック用のケーブルとボーデンチューブを用意してあるので、時間のある時に交換をすることとしよう~
ミションがお亡くなりになってなくて、良かった~マル
スポンサーサイト
[ 2017/08/08 22:47 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター