キーシリンダー ブレイク その5

2017080501 (1)

ハンドル周りにウエスでカバーしていく。
手元のグラインダーでシリンダーの頭を削るため、大げさな作業となった。

2017080501 (3)

すでにキーを差し込むことができないほど削り取ったが、これではまだコラムケースから抜くことができない。
ここから抜くことができないとキーシリンダーが交換できない。

このタイプは、当時YANASEが日本仕様にこだわったタイプのようで、あまり外し方を知っている人が少ないようだ。
最後の結末でどんでん返しがあるのだが・・・

2017080501 (4)

しっかりと削り取って、ようようケースごと、コラムの箱から外すことができた。

2017080501 (5)

実はケースの穴がポイント!
この穴を知っていれば、こんなに苦労することもなかった。
ケース内の裏側にあって、知っていれば丈夫な針金を工夫して、シリンダーの板バネを押すようにして外すことができたのに・・・
まあ、次回からは穴の位置も分かったことで簡単に外せる。

2017080501 (6)

頑張ってグラインダーを使ったのでコラムを傷つけてしまった。
ご愛嬌ですかね~

2017080501 (7)
2017080501 (8)

備忘録として部品番号の画像を添付する。
そして、削り取ったシリンダーさんお疲れ様。

これでシリンダーのタイプが確認できたので、注文することができる。マル
スポンサーサイト
[ 2017/08/05 22:43 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター