ワーゲンショップ訪問

2017062001 (1)


前回、車両を持ち込まずに話だけ聞かせてもらったが、とても親身に対応してもらったので、ここはじっくり腰を据えて教えてもらうことに。
今回の課題は、足回りがどのような改造がしてあるか。そして乗り心地を快適にするにはどうしたらいいのか。

社長によれば、フロントはトーションバーをひねった状態でローダウンされているようすで、最悪トーションバーが折れたり飛び出してしまうことがあるらしい。
アジャスターなどの部品を別途設置すれば、このローダウンを確保できるそうだが、費用の面からも一度は標準の高さ程度まで戻してみたいところ。
さらに、リアについては、トーションバーとスプリングプレートの角度を調整するため押さえのプレートを外してから作業を進めればいいとのこと。
とりあえず、グロッメットの部品注文からですな。

2017062001 (3)


さらに話ついでに点火タイミングを確認してくれた。
キャブのOHが済んでいないだけに今の状態でそれなりのセッティングだったが。
すこし、アクセルの戻りが悪いようで、宿題が増えてしまった。

2017062001 (2)

デスビの調整には、このタイミングライトが必要。
恥ずかしい話、使ったことがないので、ぜひ挑戦してみたい領域。
勉強になる~

そして、訪問したついでにボールジョイントのブーツを購入。
ここでも目から鱗話を聞くことに。
ブーツについては純正が基本だが、日本製を代用しているとのこと。
しかも、片側が開いた状態でセットするようで、いままでの考え方をひっくり返された感じ。
今後一定のメンテンアスが終わったら、ブーツの交換に挑戦したい。
それまでに大きいボールジョイントでも使える「ボールジョイント プーラー」を用意しておこう。

スポンサーサイト
[ 2017/06/20 21:48 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター