FC2ブログ

ブレーキホース交換

レイトバスの機能をすこしでも正常に戻すために。

2017061801 (1)

ブレーキホース交換だけは早めに済ませておきたかった。
すでにひび割れて、ホースが劣化している。
いつブレーキが効かなくなってもおかしくない。

2017061801 (2)

通常ならばキャリパーを外してからホースに手を付けるのだが、なんとホースとキャリパーの間に鋼管がある。
キャリパーはATE製だが、いままでこのタイプは見たことがない。


2017061801 (4)

ホースを交換する前に確認してきたことがある。
しっかりとピストンが可動しているだろうか、パッドを外してチェック。

実はディスクが減ってショルダー部分が邪魔してパッドが取り出せないので、背中側からセパレータでパッドを取り出す。
このディスクの減りからすれば、即交換だが次の課題としたい。

2017061801 (5)

パッドはほとんど新品状態。
面を整形して、面取りしておく。

2017061801 (3)

そして、ピストンの可動範囲を確認して、チェックOK。

2017061801 (7)

本題のホースを交換。
しかし、フレアスパナで外したいところだが、固着してナットを潰してしまいそうだ。

2017061801 (6)

そこで、あらゆる武器を駆使して、時間をかけて外していく。
最近ではこんなボルト外しも慣れてきたようで、慌てないことが肝心。
見事、撤去に成功。

2017061801 (8)

新品のホースは教えてもらった「マイボウズ」で注文。
少し、純正より短いようだが、大丈夫でしょう。
ホースの途中にスリーブが付いた優れもの。

2017061801 (9)

2017061801 (10)

運転席のサブタンクに補充タンクを付けて、後輪から順番にエア抜きしていく。
抜き取ったフルードは見たことがないくらい汚れていた。
これでは、ペーパーロックが起きてもおかしくない。
また、もう一つ発見が。それはキャリパーにエア抜きするバルブが2つもある。不思議だ〜

最後に試乗してブレーキの利きを確認して、任務完了。
これで、安心して遊びに行ける。マル。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示