フォルトゥナの瞳



友人の紹介もあって何となく読ませてもらった。
これが意外に面白かった。
百田尚樹は「永遠の0」でお世話になったことがあるが、まさか次の本もはまってしまうとは・・・

短くなる寿命に耐えられるだろうか。
人のために自分を犠牲にできるだろか。
自分の人生に当てはめることができなかった。
重い~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示