クラッチケーブル



エンジンが温まってくると、発進時におきるジャダーの原因を確認しておきたい。
まずは、クラッチケーブルの調整から。

ジャッキアップしてミッションの左側にもぐり、蝶番を調整していく。
とあるブログによれば、1cmの遊びが適当だそうだが、何をもって1cmなのかさっぱりわからない。

意外にもしっかり張っているようなので、半周だけ締め付けて様子をみる。
とりあえず、すこしだけ改善されたようなので、もう少し様子を見ながら再度調整していこう。

既設のケーブルは比較的程度が良さげ。
でも、切れた時のために1本はストックを用意をしておきたい。

ガソリンタンクの中までは確認していないが、やはりサビだけは気になるところ。
ちなみに写真にもあるようにガソリンタンクからのフィルターはすでに設置してあるので、一安心。
でも、いずれは新品に交換しよう。
スポンサーサイト
[ 2017/05/25 22:46 ] TYPE Ⅱ 空冷バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター