怒り



読者を迷わすストーリーにのめり込んでしまった。
特に犯人が誰なのか、いくつかの物語を並行して進めていく。
さらに人を信じたり疑ったりと人間模様があらわに。

とても評判がよかった映画があったようだが、先に本を読んでよかったと思う。
読み応えがあってたのしく読ませてもらった。マル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示