センターベアリング

プロペラシャフトのセンターベアリング交換


IMGP0842_convert_20091217211533.jpg

IMGP0844_convert_20091217212119.jpg

減速時にショックがでるため、コンパニオンプレートを交換した経験がある。
そのため、プロペラシャフトを抜きとる作業は、スムーズにできた。

シャフトを中間部で分割し、ベアリング部を専用工具で抜き取る。
べつに専用工具がなくてもできるかもしれない。


IMGP0855_convert_20091217211155.jpg

ここで、既設のベアリングとOEMで購入したベアリングが違うことに気づき作業中止。
早速、購入したSHOPさんに連絡して、交換をお願いした。
やはり、純正注文がいいかも・・

IMGP0858.jpg

ベアリング組み立て後、プロペラシャフトを再設置するのに大変苦労した。
いまだにどうやって入れたか覚えていない。
たぶん、後ろのコンパニオンプレートからセットしたほうがいいと思う。

IMGP0834_convert_20091217213927.jpg




結局、回転による異音は解消されなかったが、ブーツも破れていたので、修理による効果があったとして良しとする。



スポンサーサイト
[ 2009/12/17 21:29 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター