キャリパーOH→ブレーキホース交換 その5

2017021401 (3)

さあ、前回からの滞っている作業を再開。
このブレーキフルード配管を交換することを前提にフレアナットを潰すつもりなら、もう少し作業方法の選択肢が増えるのだが、あくまでもホースのみを交換することで作業を進めてみる。

2017021401 (1)

問題のフレアナットとホースの接続部をこれらのTOOLを使用する。
これまでトーチで炙ってみたり、CRCを何度も使用していたが、もう少しレベルを上げていきたい。
そこで

2017021401 (2)

ワコーズのラスペネを用意する。
浸透性についてはこれが1番ではないだろうか~
さらに、金属を‐42℃まで冷やすラストブリザードで収縮させてみる。

最終手段としてタガネで叩いて、力技で外していく。
なんだかんだと手を尽くして、2週間ぐらいの紆余曲折を経て、ようよう外すことができた。

正直、今回はプロに任せることを考えたが、やればできるじゃん的な結末。
本当に満足~

2017021401 (4)

さっそく、ブレーキホースを交換してキャリパーをセットする。
さあ、これから同じ作業をフロントも進めることになるのだが、まだまだ時間が掛かりそうだ。

とうとう1ヶ月もクルマを動かさないことになるが、愛車に乗れないことでストレスが溜まりそう~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示