悪人



吉田修一
初めての読ませてもらった。
果たして本当の悪人は誰だったのだろうか。
犯罪者の描写が多いだけに味方してしまったが、最後まで悪人について考えさせられてしまった。

特に映画化されたとあって期待が先行していた。
意外に読みやすかったが、奇想天外ではないかも~
違う視点を期待して、いつかは映画も見てみよう。

次回は「怒り」を読んでみようと思う。
スポンサーサイト
[ 2016/12/15 22:13 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター